ハンガーラックの選び方


ハンガーラックってどんなもの?


ハンガーラックってどんなもの?

子どもの成長とともに増えていくものが子供服です。1日に何回も着替えることもあるかもしれません。洗濯物は毎日のことなので忙しい日は畳む時間も惜しいですよね。ハンガーラックは洗濯物を取り込んでハンガーにかければ洗濯物の家事は終わりです。服に折り畳んだシワもつきません。また、タンスと比べるとハンガーラックは省スペースで、場所を取らないのでスッキリと収まります。成長するにつれて、子ども自身で洋服をしまうことも増えていくので、使いやすさを重視したいところです。ハンガーラックは見た目にもどこに収納すればいいか分かりやすく、散らかりを防ぐことができます。今回はそんなハンガーラック選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

Kidzooシリーズのハンガーラックは4種類をラインナップしています。

丈の長いコートもしっかり掛けられる「Kidzoo ハンガーラック」、キャスター付きで移動が簡単な「ハンガーシェルフ」、通園通学用品が一台に収まる大容量「ソピア キッズハンガー」、すっきりとした見た目でかわいい「トレッペ キッズポールハンガー」は、コンパクトなのでリビングやダイニングだけでなく廊下や玄関などの狭いスペースにも置くことができます。


コンパクトで置き場所に困らない

Kidzoo

ハンガーラック

ランドセルも置ける広々スペース

Kidzoo

ハンガーシェルフ

通園通学用品が一台で収納可能

ソピア

キッズハンガー

洗練された北欧風デザイン

トレッペ

キッズポールハンガー



ハンガーラックの3つの魅力


絵本収納の3つの魅力

1、子どもの自発心を育む

子どもは自分の物だけを置けるスペースがあると持ち物に愛着を持ち、自分で何でもやってみようという意欲が湧いてきます。ハンガーラックを設置することで洋服をしまう場所・着替えをするスペースという環境が出来るので、子どもは身支度がしやすく進んで着替えや整理整頓をしてくれます。

 

 

2、家事の負担軽減に繋がる

小さな子どもがいると部屋に子どもの物が散らかっている…なんてことが起こりがちです。特に洋服は、洗濯物が乾いてから取り込んで畳んで仕舞う、という手間がかかるので出来るだけ早く終わらせたい家事のひとつです。洋服をハンガーに掛けて収納できるハンガーラックは、畳む作業がなくなり家事の負担軽減に繋がります。また、ひと目で子どもの服がどれくらいあるか持ち物の把握が出来るので物の見直しがしやすいです。

 

 

3、子どもの持ち物をスッキリ収納

大容量サイズのハンガーラックは筆記用具や通園通学のカバンなど洋服以外の物を収納することができます。小学校に入学するとランドセルを使うようになり、どこに置いておくか場所を検討するでしょう。大容量のハンガーラックがあると、洋服と一緒にランドセルも収納できます。ひと目で収納場所が分かり、小さな子どもにも使いやすいです。



ハンガーラックの選び方


収納する量を決めてハンガーラックを選ぶ

収納する量を決めてハンガーラックを選ぶ

ハンガーラックは、ただ洋服を掛けるものや小物など一緒に収納できるものなどさまざまな種類があります。一時的にコート類を掛けておくためのものなのか、洋服や通園通学で使うカバンなども一緒に収納したいのか、まずは収納するアイテムを事前に決めておくとハンガーラックの種類も選びやすくなります。


成長に合わせて高さ調節・棚が増やせるものを選ぶ

成長に合わせて高さ調節・棚が増やせるものを選ぶ

成長と共に子どもの洋服や持ち物は増えていきます。だんだん物が増えていくと溢れてしまい、せっかく使い続けてきたハンガーラックに洋服や物が収納しきれなくなります。成長と共にハンガーラックも高さが調節できたり、棚を増やして収納力がアップできるタイプを選ぶと長く使うことが出来ます。


安全性や耐久性が高いものを選ぶ

安全性や耐久性が高いものを選ぶ

子どもが誤ってハンガーラックを倒してしまった時など、怪我をしてしまう可能性もあります。ハンガーラックの土台がしっかりした物や素材が木製の物だと倒れにくく、さらに角が面取りされている物だと怪我をしにくく安全です。子どもが使うことを前提に、安全性や耐久性が高い物を選びましょう。

 



選べる4種類のハンガーラック


Kidzooシリーズでは4種類のハンガーラックをラインナップしています。

「Kidzoo ハンガーラック」は置き場所に困らないコンパクトサイズです。「ハンガーシェルフ」はキャスター付きで移動が楽々、大容量収納が可能です。「ソピア キッズハンガー」はランドセルを置くことができ通園通学用品がスッキリ収納できます。「トレッペ キッズポールハンガー」はスッキリとした北欧風デザインで、廊下や玄関など狭いスペースにも置くことが出来ます。「自分でやってみたい」という子どもの好奇心を刺激し自発心を育み、子どもの心の成長をサポートします。

コンパクトサイズで置き場所に困らない

Kidzoo ハンガーラック

Kidzoo ハンガーラック KDH-3002

準備とお片付けの習慣が自然と身に付く、高さ調節が可能なハンガーラック。キャスターが付いているので、移動が楽々です。ハンガーを引っ掛ける丸棒部分は5段階、100mmピッチの高さ調整が出来るので、お子様の身長などに合わせてお好きな高さを選べます。下段にはちょっとしたモノが置けるスペースがあり、ランドセルや小物、文房具などを収納できます。お子様の身の回りの物をたっぷりと収納できるので、入園・入学されるお子様にぴったりな商品です。

ランドセルも置ける広々スペース

Kidzoo ハンガーシェルフ

kidzoo ハンガーシェルフ KDH-3003

リビングやダイニングなどの限られたスペースにも置きやすいスリムサイズです。上段棚は3cmの囲いがあるので置いた物が落下しにくく安全です。中段の棚は立ったまま手を出せばすぐ届く位置に設置できます。よく使うものを置くと便利です。下段の棚は囲いの高さが7cmあり深くなっているので、大きな物の収納にも重宝します。本体の両サイドに配置されたフックには波型の溝があり引っ掛けやすく落ちにくいです。また、両サイドにはポールもあるので工夫次第で様々な使い方ができます。キャスター付きで掃除の際も移動が楽々です。


通園通学用品が一台でスッキリ収納

ソピア キッズハンガー

ソピア キッズハンガー SKH-700

たっぷり収納が可能なハンガーシェルフです。ぬくもりを感じる天然木のやさしい雰囲気も魅力です。また、耐久性が高く使うほどに味わいが出てきますので長く大切にお使いいただけます。上段はランドセルが置ける広々スペース。ハンガーを引っ掛ける収納部分はかさばる冬服もたっぷり掛けられます。棚板は7段階の位置の高さで設置できます。別売りの「ソピア追加&連結用棚板」を使用すれば、棚を追加したり「ソピアキッズハンガー」と「ソピア絵本ラック」を連結して収納力をアップさせることができます。底板は奥行の有効スペースが37.5cmもあり、大きな物の収納に重宝します。本体の両サイドに配置されたフックは先端が球になっているので引っ掛けやすく落ちにくくなっています。また、両サイドにはポールもあるので工夫次第で様々な使い方ができます。

シンプルで洗練された北欧風デザイン

トレッペ キッズポールハンガー

トレッペ キッズポールハンガー KDH-3259

3歳頃から小学校低学年くらいまで快適に使える専用設計となっています。ポールハンガー本体の高さを抑え、フックの位置をお子様の手の高さに合わせて配置することでストレスなく使えるデザインを実現。また、フックはまるで木の枝のように角度をつけているため、カバンや帽子などが落下しにくい構造です。小さな子どもにも簡単&快適に使うことができます。先端部分は丸く加工されているので、顔や体に当たっても怪我をしにくい安全設計になっています。